アンスリウム Anthurium

イクスピアリの花壇に咲いていたのは、白と緑のアンスリウム。やはり赤やピンクの派手なアンスリウムの方が夏らしくていいですよね。

アンスリウム Anthurium

サトイモ科ベニウチワ属(アンスリウム属)の多年草。花期は5月〜10月。アンスリウムの仲間は、熱帯アメリカから西インド諸島に約600種が分布している。赤やピンク、白などのハート型のお皿のような仏炎苞を持つ。美しく着色するのは仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる部分で、花はひも状の部分(肉穂花序)に多数つき、小さくて目立たない。長期間楽しめる苞を観賞する鉢花として栽培されるほか、観葉植物として楽しむ種類もある。花を楽しむ種類の主な原種は、アンドレアヌム(Anthurium andraeanum)で、その園芸品種は鉢物としてよく出回っているほか、切り花としても利用されてる。また光沢のある葉も美しく、ハワイではバレンタインデイに贈る花として人気がある。和名は大紅団扇(オオベニウチワ)。アンスリウム全般の花言葉は「情熱」「煩悩」「印象深い」。赤が「情熱」「恋にもだえる心」、白は「熱心」、ピンクは「飾らない美しさ」、緑は「無垢な心」。