極左フェイク・メディア

日曜日は、藤井聡太 四段 が 竜王戦本戦で 佐々木勇気 五段 に 敗れ ついに 29連勝 で ストップしたことと、都議会選 で 自民大敗 の ニュース... が すべてだった。

スーパー中学生 の中のひとり... 藤井 四段 は、次は タイトル戦出場で 直に話題に なるだろう。

で、日本の フェイク・メディア は 「米国のフェイク・メディアと同様に 特亜 と シンクロしている」が、自民 の 都議会選での敗退に関しても いろいろ「鼻くそ」みたいなつまらぬ理由を 語っている。

森友・加計・豊田・下村... なんて どれも「政治の課題」としては どーでもいい... 「鼻くそ・耳くそ」程度の問題でしかない。

敗因は... と 言っても、既存の政党が 勝ったわけではない。

別に 単に「自民以外の受け皿」が あったから... に 過ぎない。

日本の最大政党 (マジョリティー) は、「無所属・無党派」なのだから、自民党 が 第一党なのは 本当は「ずっと錯覚」でしかなく、(論外の既存政党ではなく) 代わりの政党があれば そこが「浮かぶ可能性」は かなり高くて 当然なのだ。 

ただし 自民も 小池も 「悪魔(カルト)に魂を売っている」ので、この種の政党では「既得権益に 全方位的に踏み込む」のは 絶対に 不可能なので、まだまだ 本格的政党のできる... 出来て欲しい下地... 基本は 大いに残されている。

若い世代は 驚きの世代なので、古い世代の「過大な負の遺産」も たちどころに 一掃してしまうだろう... くれるだろう... と 気軽に考えているが、それと 特亜 の 地政学的激動とは 連動して 新たな時代を 創造してくれるものと 期待している。