ドイツゲームアナログゲームの世界

こんにちは。

民間子育てママサポート月のりぼん日本知育玩具協会認定講師小林です。

先日、名古屋の国際会議場で開催された

ファミリーゲームフェスティバル。

娘と会場をぐるっと回ったのですが、

やはり、私たち、

日本知育玩具協会カルテットのブースが

安心する。笑

そして、

気がつけば3時間も、

あれやこれやと

ドイツゲームに心奪われてました

若干5歳の娘が、

同じ場所に張り付いて、

居てくれる。。

ねーこっちー

もう帰ろー

そんなこと一切なく、

これしてみたい

もう1回やりたい

意欲がすごい。

アナログゲーム

目の前に相手がいて、

勝ったり負けたりします。

勝つと嬉しいし、

相手が目の前で勝って喜んでるのを見ると

悔しすぎて怒れてくる

でも、これが醍醐味

しかも、この日、

娘にとって良かったのが

ちょっと先輩の存在。

2年生のお兄ちゃんが

勝ったり負けたりがあるんだよね〜

と、とってもうまく

エスコートしてくれました。

そして、

ちょっと後輩の存在。

娘の1つ下、4歳の女の子が、

目の前で負けそうで悔しがる姿を

見せてくれることで、

あの子も悔しい気持ちを感じてる。

(自分だけが悔しくて我慢してるんじゃない)

に気づけたようです。

女の子の様子をチラチラ見ながら、

自分が負けそうな時負けた時、

自分の気持ちを確認して、

プラスに気持ちをコントロール

(しようとしてた。。笑)

もちろん、

泣いたり、怒ったりしてもいいんです。

でも、

大人は待つ。。

すると、

娘はまたやりたい

本人が自分の気持ちと向き合った証拠が、

表情言葉意欲から感じられます。

そう!

アナログゲームで社会性を育むことが

できました

最後はすっかり仲良しに

みなさんは子どもたち過ごす夏休みを

どのように過ごされてますか?

宿題やったら(デジタル)ゲームしていいよ。

ついつい許可してませんか?

私自身は、

それがちょっと引っかかる。。

嫌なんですよね

ドイツゲームアナログゲームの世界を

知っておくと、

大人も子どもも

じっくり取り組めるあそびで

しっかり遊べます

そして、今回のフェス参加で気づきました。

幼児期から出会っておくこと、

オススメです。

0歳からのおもちゃとの出会いは、

三重津市10月8日(日)魔の2歳に育てない木のおもちゃと絵本の与え方ベビートイインストラクター2級資格講座

8月、9月の予定月のりぼん

LINEはじめました、

こちらのQRコードを読み込むか、

xst6577nで検索してみてください。

企画の案内等、

適時ご案内しております。

民間子育てママサポート事業

お問い合わせはこちらからどうぞ

プライベート。

今日は帰り遅かったです。

先日誕生日で

前日ピラティスレッスンを

うけました。

楽しみにしてたから

ほんと嬉しくて()

上級の養成最後に、ピラティスの楽しさを

忘れないでそれを伝えるインストラクターを目指してねと。だから、時間足りなくても私は週1はかならずレッスン受けてきたんですけど、交通事故で

いけなくなり、一昨日久しぶりにいきました!!

しかも2レッスン

骨折してるから、背中ほぐしようなく

してたのですが、ピラティスで腰椎に効果あると

ロールオーバー、私はできますが、怖くてできなかったんです。

こんなポーズだから。。。

皆さんは

絶対に自分ではやらないように

ホットではやりませんよー。

先生の安全なご指導で、腰椎が治り、

今日はレッスン前に

身体メンテナンス。

固まった筋肉ほぐして1時間半くらいじっくり

メンテナンス。右手首は使いたくなく

グローブでダンベル固定して、ストレッチ。

そのあと

2レッスンでした。

母から

誕生日に

メッセージが、ガラケーなんでメッセージのみ。

午後3時15分、2500グラムの女の子でした。

誕生日おめでとうって。

なんだかいつもなら、ふーんって

感じだったけど、

なんかじーんときました。

明日からまた、月曜日までレッスンだー。

レッスンフォーマット久しぶりに書こうかなと

思ってます!

また更新しますね

広告を非表示にする

上原多香子と阿部力のツーショット写真に

上原多香子阿部力のツーショット写真に写っている帽子と、遺影に写っている帽子が同じように見えるのが何とも言えない気持ちになる。

ニセコ花園ヒルクライムレース。

 毎年応援に行っていたニセコ花園ヒルクライムレースだが、数年前から従妹の夫も出場しているという話に触発されて一念発起、今年の第8回大会に出てみようかという気になった。

 今年は6月の「週末悪天」にたたられてろくに走っていないが、それでもまあいい順位をとることはないし、まずは完走目的ということで締め切りぎりぎりにエントリーした。

 その昔、けっこう真剣に自転車乗りをしていた頃はよくこのコースを登ったが、最近は前述のとおりこのレースの応援で途中までしか来ていない。その応援場所だったいちばんきついヘアピンカーブを乗り切ることができるかどうかにかかっている。

 天気が悪かったり都合がつかなかったり、あるいは二日酔いなどで事前の試走は2回ほどで、いずれも1時間少々のタイム。そもそもこのタイムでは入賞どころかブービー賞になる可能性もあるが、まあこの1時間を切ることを今回の目標に設定することとしよう。

 レースの数日前に従妹の夫に確認したら、エントリーはしたものの体調不良で今年は応援のみという。お互い励まし合いながら走って肩組んでゴール、なんて考えていたが残念ながらそういうわけにいかなかった。

 10時半のスタートから逆算して8時半にサブのバイクでウチを出、会場で出走サインをすませてアップに出る。ある程度負荷をかけて坂を登て汗をかいてもいいかもしれないが、やはりここは足を温存しておきたいので平地を流す。

 気温はそれなりだが、雲も風もあってじりじりすることなく、この季節としてはむしろ走りやすい気候だ。

 9時半近く、ウチへ戻ってバイクを取り替え再び会場へ。さすがに600人超の参加者でにぎやかだ。

 集合地点では先日の試走の際に一緒になった方や、また応援に回った従妹の夫にも逢うことができた。

 前述のとおり順位も何もあったもんじゃないから関係ないのだが、やはりある程度の緊張感はあり、むしろ適度なそれは気持ちも入るというもの。会場で逢う面々の誰もが「緊張してるぞ」などと言う。

 10時35分、第1陣の5分後に第2陣としてスタート。最初はパレード走行で街中を行く。お祭り会場も通過し知っている顔もあるが、パレードにしては早目のペースに手を振る余裕はなく、ほどなく陸橋を越え登りに差しかかりスタートとなった。ペースが上がるが、ここで変についていって足を使っては後が怖いので、次々と抜かれるもののゆっくりとマイペースで進む。

 スタートから3?、ここからが本格的な登りの始まりで、試走のときはフロントギアをインナーに入れず頑張ったが、今日は疲れて棄権してもいけないので早々と落として足を軽くして回していく。

 ひと登りで元通っていた職場も通過し、ここで「あと10?」の看板を見、まだ半分もきていないといやでも認識させられがっかりするが、ここはまだまだ我慢。そのあと途中にもけっこうギャラリーはいて「お!、山岳賞ジャージがんばれ!」などと声援を受け、変に力を抜くこともできないなあ。やっぱこだわって赤の水玉のジャージなんて着てくるんじゃなかった。

 5分後の第3陣のスタートもボチボチ上がってくる。本格的ロードの人はともかく、MTBやミニベロクラスにまで抜かれてしまうのはちとくやしい。

 ワイスのゲートを過ぎ1車線に入り割合日陰もありほっとするが、きつい登りはこれからだ。

 例年応援しているいちばん急なヘアピンカーブに差し掛かる。足も呼吸も苦しいが、昨年までの応援で顔見知りになった人もいて休めない。もっとも休んだらそこから走ることはできなくなるから再び我慢我慢で登り切った。

 やや斜度は緩くなったものの、ここからがまだ3?ほどあり、またしばらく行ってほぼ平坦になってもまだ最後の500mがあって、ここからラストスパートと言いたいところだが、足もつりそうになっていま一つ力が入らない。結局相前後して走っていた人にも離され追いつくことはできずにゴール。

 タイムは58分14秒、完走158人中136位という成績。欲を言えばもう少しタイムがよければというところもあるが、毎日走っているわけでなし、もうすぐ54になるという年齢を考えればこんなもんだろう。いちばん早い人で30分台前半、同じクラスでトップは34分くらい、さらに年齢が上のクラスでも30分台後半で走ってくる人もいるが、そういうレベルの人とは比べるのがそもそも間違いとも思う。

 しかしレース中は「もう来年は出ないぞ」と思って登っていたものの、ここで目標タイムとして55分台を切るという新たな目標ができ、いまはもう来年のエントリーを考えているのであった。

治療と薬効の進化を切に希望します。心か

治療と薬効の進化を切に希望します。心からお悔やみもうしあげます。森監督の娘35歳乳がんで死去89水-ニュース

かわいい

■秋田犬、この夏も大人気 暑さ苦手だけど…県PRに一役

(朝日新聞デジタル - 08月07日 06:47)

広告を非表示にする

心はいつでもニート

とても前向きな題名に辟易ですが。両目がなんらかのアレルギーで

ストレスをガツンと感じるとアホかと

いうくらい?き壊し、やり直し。

そんなこんなで薬塗って寝て、

冷やしてみたり面倒だしでさぼってました。

ことの発端は毒親からの罵声ですが。

まともに話もしなくなりました。

まぁ間借りしてる感じなので何とか。

なにが一番しんどかったかと。

まずは去年の9月から私の時計がうまく

動かないこと。いつも一緒にいた人が

あれやこれやでてんてこまいで。

それをひた隠してここまできて、かつ

誰に話すと言っても仲の良い人数名。

それも事細かに話せるわけもなく。

あとは勉強ですかね。自分を過信していた

わけではないですが

好き嫌いのあるものであり、それに更に

未だに良い勉強法が掴めず焦りたくないので

焦らないようにと留めている。

分からないことだらけで、これを享受できる

ような人もおらず。ただ蓄積をしている。

6月に実家に移り、飲みにも行けなくなり

(金銭的、時間的)面会は半日以上かかる。

バイトを減らしても週1日しか休みがなく

その休みも夕方から授業だったりする。

休みの日に日がな1日寝て食べてをして。

それで怒られるという宿題やってない

小学生なことや勉強が無茶だったんだ、

ストレスなんてないような生活のくせに

何をだらけてるんだか、で、壊れました。

先週むりくりニートしました。

お酒飲みに行きました。動画見て

食べ寝して、幸せだと感じました

休みの日じゃないと病院は混むので

なかなか行けず、薬飲まないとモヤモヤ

鬱します。薬の代わりにお金を支給したら

良くなるだろうなぁと思ってますw

あとは仕事、歩合制のバイトのが

良いのかなと。早く終わらせて帰りたいので

早くするえ、はや、じゃあこれも。

このループから逃れられず先にいるバイトさん

は一箇所事務なのに私だけ三箇所に

世渡り下手なのも分かりますが

仕事って基本無駄ばっかだから、如何に

無駄減らしてさっくりあげて帰るか!

なのだが(バイト脳)結局定時で上がれない

って言うのは、性格上の問題で。

もう何も考えたくないけど、とりあえず

お薬あるしお休みしたし、少しずつ再開して

また疲れたらバカみたく休もうかな

テープ起こしのバイト募集みたけど

自宅にパソコンないとダメなんすね。

マックだめとかで諦めました。

不労所得とかなんかないかなー。